アンジュルム・佐々木莉佳子“処女写真集”で意志の強さ見せる

2015年07月28日 19時29分

 ハロプロのアイドルグループ「アンジュルム」佐々木莉佳子(14)が28日、都内でファースト写真集「RIKAKO」の発売記念イベントを開いた。

 報道陣の取材に1人で対応するのは初。

 昨年10月に3期生としてグループに加入し、わずか10か月ほどで処女作をリリースした。グループ最年少ながら期待の高さがうかがえる。

 現在、4期生の募集中で「おもしろい子、歌とダンスが好きな子、でも一番は『アンジュルム』が好きな子に入ってきてほしい」と熱望する。

 ただ、大型ルーキーが現れれば自身のポジションを脅かされかねない。「不安がないと言えば、ウソになる。譲りたくはないけど、スゴい子が入ってきたらしょうがないかなあ」とまさかの弱気だ。直後に「でも、自分の意志を貫き通します」と撤回。簡単に譲るつもりはない。

 11月に東京・日本武道館で行われる公演で、福田花音(20)が卒業予定。佐々木は「もっともっと成長したい」と飛躍を誓った。

 同作は今年4月に沖縄で撮影された。