DJ「Ami Suzuki」のパフォーマンスに観客熱狂

2015年07月26日 18時39分

鈴木亜美

 歌手・鈴木亜美(33)が「泡パーク」(26日、東京・中野駅前広場)にDJとして参加した。

 DJ「Ami Suzuki」としても活動する鈴木は、印象的なオレンジのイヤリングを振り乱し、序盤から中盤はガチガチの四つ打ちハウスミュージックで会場を熱狂させる。

 そのまま終盤になだれ込むと、中野駅前フロアに聞こえてきたのは、鈴木の大ヒット曲「BE TOGETHER」のクラブアレンジバージョンだ。自らマイクを持って前に躍り出ると、サビ部分を歌い、観客も「フゥ~!」と拳を突き上げる。

 さらにデビューシングル「love the island」を披露し、鈴木も会場もテンションマックスに。マイクを観客に向け、男性に歌うようにあおるが、その歌声に「はいダメ~!」と“SキャラDJ”ぶりも明らかになった。

 それでも飛び交う泡と鈴木のマイクパフォーマンスで、興奮は最後まで継続。鈴木のDJプレーに中野駅前が縦揺れしていた。