時東ぁみ ラスト写真集で見せた「セミヌードより恥ずかしい」ショット

2015年07月26日 14時05分

 タレント・時東ぁみ(27)が26日、都内で写真集「戀人よ」(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを行った。

 グラビア卒業作と銘打たれた写真集は時東自身で企画、提案を行い完成までに1年をかけた。「ファンの方に恩返しをしようと、できるだけやりきりました」と語る通り、すっぴんからセミヌード、さらに「セミヌードよりも恥ずかしい」というメガネを外したショットまで見せている。

 とはいえ先日の嶋大輔(51)のように、卒業や引退の撤回があるのが芸能界。本当にグラビアは最後かと改めて質問すると「裏では(写真集が)バカ売れしたらもう一回やっちゃうという話はあるけど、次やったら脱がなきゃいけないし、話に乗ってくる人がいるのでやらない。最後です」。

 3年前からベトナムでもライブ活動を行っており、今後はベトナムに限らずアジアを中心にライブ活動をしたいという。

 年齢的には結婚も気になるところだ。3年前にはビジュアル系バンドのメンバーとツーショットで帰宅する様子を写真週刊誌にスクープされた。

 しかし、現在は恋人はいないといい「男友達がすごくいて、常に2人で歩いているので(写真を撮られる機会は)いつでもある。でも男友達です。彼氏ができたら、みなさんより前にファンに発表します」と余裕の返答だ。

 プライベートで恋人に会った際にも常にメガネはかけていたというが、実は伊達メガネ。「メガネを外すと(写真集を出せたり)お金になるので、ただでメガネを外すと損。メガネを外してファンに気付かれると、普段かけていないと商品価値にも響いちゃうんで」となかなか打算的だ。

 30歳までの結婚を希望するが、結婚相手に求める条件も「(年収)1000万円を超える人は何%しかいないので、それでは一生結婚できない。だから仕事に誇りがある方であればいい。安定している職業だと最強ですね」と現実的だった。