CM女王トリンドル“恋バナ”封印

2012年09月25日 18時00分

 CMなどで人気のハーフタレント、トリンドル玲奈(20)が、お年頃なら大好きであろう“恋バナ”を自ら封印しているという。ある芸能プロスタッフが明かす。

「イベントなどに出てもマスコミの前だけじゃなく、スタッフとの会話でも恋バナになると黙ってしまって…。その手の会話には入ろうとさえしない。そこまでしなくてもいいと思うけど」

 最近もこんなことがあった。今月初め「ベンチアートin丸の内」の除幕式にゲスト出演した時だ。丸の内仲通りを中心に歴史上の偉人や仮面ライダー、プロゴルファーの石川遼、俳優の小栗旬などをモチーフにしたブロンズ像20体がベンチに設置されたが、その打ち合わせで「関係者が会話の糸口を見つけようと、『スポーツマンっていいですよね?』『小栗さんってカッコいいですよね?』といろいろ聞いてたんでけど、すべて無視してて…。周りで盛り上がる恋バナに入ろうとさえしなかった」(前出のスタッフ)。

 こんな態度を取った裏側には“あの一件”が関係している。それは、1月にネット上で話題になった“ダブルデート”の目撃談。元KAT―TUNの赤西仁(28)と錦戸亮(27)、ViViモデルの先輩・藤井リナ(28)とボウリングをしていた際、「握手してください?」と申し込んだファンに「あんたなんかと握手するわけないじゃん」と吐き捨てたとの噂がツイッター上で拡散。トリンドルはブログでこの疑惑を否定した。

「あの一件で“男好き”“性格悪い”というイメージが一時期ついてしまった。仲の良い芸能人と六本木などで遊んでいたのは事実だけど、新CMクイーンと呼ばれる売れっ子になった今は控えている。本人も事務所も変な噂が立たないよう、慎重になっているのでしょう」(トリンドルを知る関係者)

 先の丸の内イベントでは理想の男性を問われ、「仮面ライダー」と即答したトリンドル。ちなみに、これも「男をにおわせないように、準備したものだった」という。