早実OB・テリー伊藤 “怪物”清宮の活躍を絶賛

2015年07月24日 19時39分

早実の清宮を絶賛するテリー伊藤(左)。右はフリーアナウンサーの神田愛花

 タレントのテリー伊藤(65)が24日、都内で行われた特番「スカパー! ドキドキドキュメンタリー企画~拡散編~世界ビックリ映像大賞」の収録に参加した。
 
 テリーの出身校である早実が、24日に行われた高校野球西東京大会準決勝で、怪物スラッガー・清宮幸太郎(1年)の活躍で日大三を破り決勝進出。26日午前11時から東京・神宮球場で行われる決勝で、甲子園への切符を争そう。
 
 1968年卒のテリーも「(準決勝を)見ていた」そうで「王(貞治)さん、荒木(大輔)、斎藤(佑樹)で、これ以上の夢はないと思っていた」と歴代のOBを挙げ、怪物スラッガーの活躍をたたえる。
 
 興奮は収まらず「(決勝は)どうなるか分からないけど、この勢いで。日曜に『サンデー・ジャポン』(TBS系)を休むかもしれない」とニンマリ。レギュラー出演している番組の欠席を示唆するジョークを飛ばしていた。