西内まりや初主演ドラマに「城田優と交際」の影響は

2015年07月25日 16時00分

 7月クールのドラマがほぼ出揃い、旬の人気女優の真価が問われている。

「探偵の探偵」(フジテレビ系)には主演の北川景子(28)の部下役として川口春奈(20)が出演。川口といえば2年前の主演ドラマ「夫のカノジョ」(TBS系)が平均視聴率3・8%、8話打ち切りの不名誉な記録がある。「恋仲」(フジ系)で月9初ヒロインを務める本田翼(23)も話題になりそうだが、同世代の女優の中でも注目されているのが「ホテルコンシェルジュ」(TBS系)でプライム帯初主演を果たした西内まりや(21)だ。

 ご存じ「10代女子がなりたい顔ランキング1位」と同性からの支持が高い西内。昨年末には歌手としても「LOVE EVOLUTION」で「日本レコード大賞最優秀新人賞」を受賞し、女優としても主役を張れるまでになった。

「これまでは脇役で作品を支えていたきれいなお姉さんでよかったが、プライム帯の座長(主役)ですからね。出来栄えはもちろん、現実的な視聴率という結果もすべて肩にのしかかる。ちやほやされてきたところから、一段上がり、主演女優として今後使えるかどうかが試される本当の勝負ですね」(ドラマ関係者)

 一流ホテルのコンシェルジュ役の西内はほとんど制服姿で、抜群のスタイル、タイトスカートからのぞく美脚が楽しめる。1990~98年に第5シリーズまで放送されたヒットドラマ「HOTEL」(TBS系)をほうふつさせるホテルスタッフの物語だ。

 気になる視聴率は初回が9・4%、第2話が8・5%、21日放送の第3話が8・9%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。目に見えるヒットとはなっていないが「フジと並んで落ち目のTBSですから、さほど悪くはない数字」(他局関係者)と好意的な声もある。

 もう一つの観点はプライベートでの男の影だ。西内は今年4月、ドラマ「GTO」(2012年)で共演した城田優(29)との密会、警戒して城田宅を訪れたところを写真週刊誌に激写されている。双方の事務所とも「友人」を強調し、交際は否定していた。

「事務所に『大事な時期だから気をつけて』とおきゅうを据えられ、自然消滅したらしい。西内の方があこがれていた城田に夢中になったそうで、長身、美男美女で理想のカップルと好意的な声もありましたが、一大決心して博多から母と上京したこともあり、仕事に没頭することにしたようです。初スキャンダルを経て、主演ドラマにどんな影響が出るか、注目されています」(ワイドショー関係者)

 こうした浮名は一度報じられるとなかなかイメージは拭えない。西内の場合はモデルとしてファッション誌「ニコラ」「Seventeen」で同性から絶大な人気を誇っているため、女性ファンらが、どうとらえるかがカギになる。

 男性ファンにとっては、バドミントンで鍛えたT170・B80・W58・H83(股下81センチ)に小顔で“8・5頭身”といわれるボディーも魅力だ。

「西内の逆三角形の顔や長~い手足、素直さがにじみ出る笑顔は、男性ファンにこんな彼女が欲しいと思わせる魅力がある。今後、大人の女優になっていく過程で、あのボディーでセクシーシーンもこなすようになるでしょうし、この世代のセックスシンボルにもなり得る。そのためにも、歌手としても女優としてもドラマや映画、CMなど今はいい位置をキープするしかない」(芸能プロ関係者)

 「ホテル――」は西内にとって大きな試金石となるが、結果はいかに。