北野武監督のオフィス北野がロカルノ映画祭「ライモンド・レッツォニコ賞」受賞

2015年07月22日 17時00分

北野監督

 北野武監督所属の「オフィス北野」が第68回ロカルノ映画祭の「ライモンド・レッツォニコ賞」(ベスト・インディペンデント・プロデューサー賞)を受賞したことが22日、分かった。

 
 同賞は約20年間ロカルノ映画祭の会長を務めた人物の名前を冠にして2002年、創設。独立系の映画プロデューサーに贈られるもので、リスクを負って映画作家たちをサポートしてきたことに敬意を払う。
 
 過去には「ラスト・エンペラー」のジェレミー・トーマス氏(英国)、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のアーノン・ミルチャン氏(米国)、「ゾディアック」のマイク・メダヴォイ氏(米国)ら大物たちが受賞している。日本人の受賞は今回が初めての快挙。
 
 この朗報を同社・森昌行プロデューサーが、北野監督に伝えたところ「良かったね」と喜んだという。
 
 同映画祭は8月5日から15日までスイスのロカルノで行われ、6日の同賞の授賞式には森、市山尚三プロデューサーが出席。森氏らが現地会場でトークショーを行う予定だ。
 
 映画祭期間中、北野監督の「HANA―BI」「Dolls」、ジャ・ジャンクー監督の「青の稲妻」が特別上映される。
 
 1998年には、ダンカン主演の「生きない」が同映画祭のコンペティションに出品し「審査員特別賞」を獲得している。