神田愛花アナとバナナマン日村 母同士のバトルで「半同棲解消」情報

2015年07月23日 06時00分

一時は結婚秒読みとまでいわれた日村(右)と神田だったが…

“美女と野獣カップル”ともいわれて話題の、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(43)と元NHKのフリーアナウンサーの神田愛花(35)が“半同棲”を解消したという。熱愛発覚直後にお互いに交際を認めて、一時は“結婚秒読み”とまでいわれたが、神田の言動がきっかけで双方の母親同士の“バトル”が勃発。一転して破局へ向かっているというから穏やかではない。

 女性には無縁といわれていた日村と、元NHKの美女アナと評判の神田の熱愛が発覚したのは今年の4月だった。お笑い仲間からは「よくぞやった!」などと祝福された。だが、日村を溺愛する母親は交際すら許さず、神田とは会おうともしなかったという。

「彼氏の母親が交際に反対しているなら、認めてもらうまで、おとなしくするんでしょうが、神田は真逆で、自身のツイッターやメディアで、日村ネタの暴露話をする。本人はノロケのつもりかもしれませんが、日村のファンからすれば、彼を利用した売名行為としか受け取りませんよ」(テレビスタッフ)

 ファンでさえ、神田の発言に疑心暗鬼に駆られているのだから、そもそも交際に反対していた日村の母親ならなおさら不快感が増す。そこへ神田はまたもやらかした。

「神田は日本テレビの『踊る!さんま御殿!!3時間SP』で、自分の母親も日村との交際に反対していることを明らかにしたんです。それだけならまだ仕方ない範ちゅうですが、そこから母親の望んでいる恋人の条件まで詳細に話してしまったんです」(番組関係者)

 その条件とは「高学歴」「生まれつき金持ち」「見た目が速水もこみちみたいであること」。この神田の発言を受けて、ネット上には「何様のつもりだ!」と批判が殺到した。日村の母親の怒りがこれでさらに高まったのは言うまでもない。

「神田の母親が言う恋人の条件を聞いた日村の母親は『こっちこそ願い下げだよ』と激怒したんです。神田のあまりにもデリカシーのない発言に、母親同士はもはや修復不能な関係になったのです。日村はこれ以上、双方の母を刺激したくないということで、半同棲を解消したんです」(前出のお笑い関係者)

 2人の関係を祝福していたお笑い関係者も、さすがにこんな経緯を聞き、神田の言動にへきえきするようになったという。

「当の2人も、半同棲解消をきっかけに、関係はギクシャクしている。このまま破局に向かいますよ」(同関係者)

 世間から好意的に見られていた“美女と野獣カップル”だったが、結婚秒読みどころではなくなったようだ。