【国生さゆり連載17】B面予定だった「バレンタイン・キッス」

2012年09月28日 11時00分



【国生さゆりのニャンたま事件簿(17)】長年、芸能界で働かせていただいていると、努力や頑張りだけではどうしようもない局面を迎えることがあります。私の場合、「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系、1985〜87年)の番組ユニット「おニャン子クラブ」からのソロデビュー曲「バレンタイン・キッス」(86年2月1日発売)が、まさにその代表でした。

 今でこそ「バレンタイン——」はバレンタインデー(2月14日)のスタンダードナンバーとしてみなさんに愛されていますけど、当初の予定ではB面(現在のカップリング曲)で、タイトル曲は「恋はRing Ring Ring」だったんです。なのに、なぜ?かっていうと、発売時期が2か月近くズレたからなんです。

 私のソロデビュー曲の発売を遅らせた犯人は誰なのか? 実は同じ初期メンバーの新田恵利ちゃんでした(笑い)。私より先にスタッフさんからソロデビューの白羽の矢を立てられた恵利ちゃんでしたが、「目立ちたくない」とか、恵利ちゃんならではの理由で何度か断っていたんです。

 このころの私には知る由もなかったのですが、構成作家の秋元康さんを始めスタッフの方々は、恵利ちゃんに続いて私のソロデビュー——という構想を温めていたといいます。そのため、85年秋に恵利ちゃんが、冬に私がソロデビューする計画だったのですが…。