栗山千明 新江ノ島水族館+デジタルアートをアピール

2015年07月15日 20時00分

左から宮本、猪子チームラボ代表、栗山

 神奈川・新江ノ島水族館で15日、今週末から行われる新イベント「えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015」発表会が行われた。総合オフィシャルサポーターに就任した女優・栗山千明(30)らが出席した。

 イベントは、デジタルアートなどを手がけ、世界的に高い評価を得ている「チームラボ」(猪子寿之代表)が、夜の新江ノ島水族館の巨大水槽をデジタルアートで彩るというもの。幻想的な空間が生み出される。

「癒やしを求めて、1人で水族館にぷらっと行ったりする」と言うほど水族館愛好家の栗山は「デジタルアートって固いイメージを持ちがちですが、生き物とコラボレーションすることによって、こんなに生き生きするんだなと。ずっと見ていたいな、と思いました」と興奮気味に語る。

 同イベントのテーマ曲は、バイオリニストの宮本笑里(31)の「birth」が選ばれた。この日、魚が泳ぐ水槽の前で生演奏した宮本は「こういった場所でなかなか(演奏)できないので、楽しめました」と笑顔。

 宮本は昨年、第1子となる女児を出産。「birth」は愛娘をイメージして作曲したのだという。「子供が生まれたことで、自分の中で音楽的な表現が変わりました。心がホッコリするような瞬間を味わってもらえればなと思います」と話した。

 イベントは今月18日から12月25日まで開催。