“金遣い荒すぎる芸人”川島&佐田 社長になって1億円稼げるのか

2015年07月16日 10時00分

「野生爆弾」川島邦裕(左)と「バッドボーイズ」佐田正樹

 最近は副業にいそしむ芸能人も多いが、お笑い界きってのアウトロー「野性爆弾」川島邦裕(39)と「バッドボーイズ」佐田正樹(36)も社長に!? 2人が本紙に思い描く“社長像”を明かした。

 6月からテレビ埼玉で「俺達バカ社長」(7月以降は毎週木曜午後11時半)がスタート。川島と佐田の2人がガチで会社を設立して社長になる内容で、1年間で1億円の利益を目指している。ただ、現時点では会社登記に必要な資金がなく、登記できていないため、厳密に言うとまだ社長ではない。

 アイデアを売ったり、絵の得意な川島がデザインしたりして、お金を稼いでいこうというのが2人の計画だが、さっそく暗雲が垂れ込めている。佐田は「お金稼ぐのが、こんなに大変なのかと打ちのめされているところです」と漏らす。

 2人はどんな社長になりたいのか?

 佐田は「基本面倒くさいこと嫌いなんで…。ソファに座って、ふんぞり返ってると、カネ増えてるなと」。川島は「従業員も雇って、スキルとかそんなん育てられるんで。ウエストが細くて巨乳の子ね。(儲かっても)芸人はやめないけど、ただ、メチャメチャ手を抜くと思います。収録中に帰ったりするとか」と現実離れした、夢のようなプランを明かした。

 そもそも、2人揃って金遣いも荒い。

「(児童手当が)30万円ぐらいたまっていたので、勝手にギター買ったら嫁に怒られた」(川島)、「オモチャに無駄遣いする。(怪獣などの)ソフビ(人形)は200体くらいある。何百万です。嫁にはめっちゃウソついてます」(佐田)

 とても社長に向いているとは思えない2人だが、本気も本気だ。何もせずとも口座の預金が増え、美人秘書がいる夢のような生活までたどりつけるか?