声優・南條愛乃ライブの「男女差別」事務所が否定

2015年07月14日 21時08分

声優の南條愛乃

 劇場版もヒット中の人気アニメ「ラブライブ!」絢瀬絵里役で知られる人気声優・南條愛乃(31)が12日に行ったバースデーライブをめぐり“男女差別騒動”が勃発している。
 
 バースデーライブは南條の公式ファンクラブの入会者優先でチケットが先行発売され、当日の会場は満杯となった。
 
 ところがライブ会場に行ったと語る男性ファンたちがネット掲示板で、会場前方の席の大半が女性だったのに対し、男性客は後方や2階席に固まっていた、会員優先なのに会場の女性ファンの割合が多かったなど「女性優遇」が行われていたと主張。
 
 一方、別のファンはそうしたことはなかったと反論するなど、一気にネット上で騒動となった。
 
 南條自身も12日のライブ後にツイッターを更新して「この状態では火に油かもしれませんが、放ってはおけない内容かと思いましたので、あえて書きました」と前置きした上で、抽選、席順の操作は一切なかったことや前方の席にも男性のファンがいたところを見たなど、男女差別騒動が間違ったものであるとした。
 
 しかし釈明は、南條自身の言葉にあったように火に油を注ぐ結果となり、ネットでは南條に対する批判の声がさらに強まっている。
 
 ライブでの“男女差別”はあったのか。
 
 当サイトの取材に対し南條の所属事務所は「席はあくまで抽選によって決まったもので、こちらが意図的に操作するようなことはない。ただ抽選の結果だけに絶対なかったとも断言しにくい」と歯切れが悪いが、意図的に女性を優遇したことはなかったと主張する。
 
 南條は9月に東京、大阪でワンマンライブも行う。同様の騒動が再び起こらないようしなければならないが「9月に行われるライブもランダムな抽選となるので、同様の状況が起こる可能性が低いとは思うが、ないとは言えない」(事務所関係者)とこれまで通り、抽選に変更はないという。
 
 事務所によれば現在南條のファンクラブの男女比は7対3。“正しく”抽選が行われれば、女性だけが前方の席に集まる可能性は低いといえそうだが…。