【とんねるず】冠番組で高視聴率連発

2015年07月11日 06時00分

1991年の紅白で、「受信料を払おう」と背中に書かれた文字を見せるとんねるず

【とんねるず解散の衝撃情報キャッチ】東京・帝京高校の同級生だった石橋貴明と木梨憲武(ともに53)がコンビを組んだ「とんねるず」は、伝説のオーディション番組「お笑いスター誕生!!」(日テレ系)で1982年にグランプリを獲得。85年にスタートした「夕やけニャンニャン」(フジ系)の司会を務め、10~20代の若者から支持を受けるようになった。

 その後も「ねるとん紅鯨団」「とんねるずのみなさんのおかげです」(ともにフジ系)、「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(日テレ系)のほか、ラジオ番組「とんねるずのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)も含めて次々に冠番組で高視聴率などを獲得した。

 歌手としてもヒット曲を連発し、91年には「情けねえ」で「第42回NHK紅白歌合戦」に出場。歌の最後には、背中に書かれた「受信料を払おう」という文字を見せ、話題となった。役者としても映画やドラマに数多く出演。石橋はハリウッド映画「メジャーリーグ2」「メジャーリーグ3」にも出演した。

 帝京高校時代、石橋が野球部、木梨がサッカー部に所属していた。そのため現在も、それぞれが野球、サッカーのプロ選手から慕われる存在となっている。

 石橋は1998年に女優の鈴木保奈美(48)と再婚。木梨は94年に女優の安田成美(48)と結婚した。