「花嫁姿」神田沙也加が連発した意味深発言

2015年07月10日 10時00分

初めてウエディングドレスを着たという神田沙也加

 歌手・神田沙也加(28)が8日、大阪市内で行われた「桂由美ブライダルファッションショー」で、初のウエディングドレス姿を披露した。

 沙也加について桂由美氏は「デザイナーはプロポーションを一番気にする。彼女はすごく顔が小さくて、首から肩にかけてのラインがきれい。ウエディングドレスのモデルになっていただきたかった」とその資質を指摘。

 初のウエディングドレスに沙也加は「うっとりしてます。実際に着たことはもちろんないですし、お仕事でもなかったので、すごく楽しみにしていました」と喜んだ。

 これに対し桂氏は「彼女のお父さんに見せたかったな」と、沙也加の父・神田正輝(64)が見られないことを残念がる。沙也加も「誰に見せたいか」と問われると「桂先生もおっしゃっていましたけど父に」と答えた。

 実際に見たら、父は何と言うのか?

「全くそういう話をしたことないんですけど、私がイメージする父だと『うん、いいよ』と小さい声で言いそう。前面に感情を出してくる感じではなくて心の中で思ったことを抱きしめてそう」

 さらに「父に見せる日は来るか?」と聞かれると「来てくれないと困っちゃいますね」と苦笑していた。

 最近は結婚観に変化があったとか。「昔は『20歳になったら』とか『25歳になったら』と、年齢で考えていたところがあったんです。でも今は、もう少しちゃんと落ち着いて『ダンナ様になる人のことを支えられるな』『今だったら大丈夫だな』と思ったタイミングでいいなと思いますね」

 沙也加は昨年、自身も所属する音楽ユニット「TRUSTRICK」のギタリストBilly(34)との熱愛が報じられた。本人は否定したが、交際は続いていると言われており、本物のウエディングドレス姿を披露する日は近いかも? その時の父・正輝の反応が気になるところだ。