吉田羊 超多忙でもイベントの仕事を断らないワケ

2015年07月10日 10時00分

納豆クイーンに選ばれた吉田羊

 女優・吉田羊(年齢非公表)が8日、都内で行われた「2015年 納豆クイーン表彰式」に出席した。

 吉田は昨夏、フジテレビ系の月9ドラマ「HERO」で起用され、一気にブレーク。年齢は明かしていないが“アラフォー女優”として人気があり、最近はイベントなどに引っ張りダコとなっている。

 大の納豆好きを公言する吉田は、ゴールドのドレス姿にネイルも納豆色で登壇。「母には“納豆娘”と呼ばれていた。最後の晩さんでは、炊きたてのご飯と納豆を食べて『いい人生だったよ、ありがとう』と言って死にたいですね。最近はロケ先に納豆を持ち込んで食べる。忘れた日はマネジャーさんに買いに走ってもらいます。毎日3パックは食べますね」と“納豆クイーン”にふさわしい「納豆愛」を披露した。

 好みの男性についても「納豆をかき込む男の人がいい。納豆の糸を吸う『ヒューヒュー』という音が大好き。昔、納豆好きな人と付き合っていたが、彼は“大粒派”で私は“中粒派”でした。自分の気に入った人が納豆嫌いだったら、日々の食事にちょっとずつ混ぜ込んで納豆好きにします! いまは“おひとりさま”ですね」と笑わせた。

 映画やドラマで多忙にもかかわらず、吉田は最近、イベントへの出演が目立つ。映画関係者は「最近はイメージを気にしてイベントにあまり出たがらない女優が多い。でも吉田は舞台女優として苦しい時代が長かった。仕事があるありがたさを知っているから、オファーを断らない」と言う。

 またこんな見方も。

「ちょっと売れると勘違いする女優が多い。最近では能年玲奈がいい例(笑い)。その点、吉田は『人とは違う面白いことをする』のがモットーだから、いろんな仕事を断らず引き受けるんです」(芸能プロ関係者)

 今後もいろんなところで吉田の姿が見られそうだ。