平均年齢65歳の異色探偵ドラマ 撮影前の一番の話題は「健康」

2015年07月07日 18時22分

左から石田純一、中村静香、角野卓造、水野真紀、高橋克実、富士眞奈美、伊東四朗、笹野高史

 俳優の高橋克実(54)、石田純一(61)、笹野高史(67)、角野卓造(66)、伊東四朗(78)らが7日、都内で行われたテレビ東京系ドラマ「僕らプレイボーイズ 熟年探偵社」(17日スタート、金曜午後7時58分~)の制作発表会見に出席した。

 

 同作では、異色の経歴を持つ平均年齢65歳の探偵たちが、熟年離婚や雇用など中高年の悩みを明るく解決していく。

 

 平均年齢が高いことは気になっている様子で、笹野は「撮影の前は、病気や健康の話はするまいと思っていたけど、結局は楽しく検査の話とか、ばっかりしています」と健康問題は避けられないようだ。

 

 また転職の話になり、笹野が「俳優を辞めたら、このドラマのような探偵社を立ち上げたいと思っていた。ボランティアみたいな感じで、近所のネコとか捜してあげたい」と力説すると、高橋は「笹野さんは一番探偵に向いていない。探偵は秘密を守らないといけないイメージだけど、笹野さんはいつもペラペラしゃべっている」と一刀両断した。

 

 その高橋は「54歳ですけど、(探偵役の中では)一番年下。他の追従を許さない最高齢ドラマだと思います。役者のセリフの説得力が違います」とアピール。平均年齢の高さが売りの異色作が“オヤジブーム”を巻き起こし、高視聴率を叩き出せるか注目だ。