谷原章介「アタック25」2000回迎え天国の児玉清さんに「見守って」

2015年07月07日 05時05分

左から桂文枝、山瀬まみ、神田正輝、向井亜紀、谷原章介、関根勤、篠田麻里子、古田敦也、矢野耀大

 俳優・谷原章介(42)が司会を務めるテレビ朝日系のクイズ番組「パネルクイズ アタック25」(毎週日曜午後1時25分~)が放送2000回を迎え、スペシャル企画「番組対抗芸能人大会」の収録がこのほど、大阪市内のABCテレビ内で行われた。

 収録には朝日放送が制作する人気番組の司会者たちが大集合。「新婚さんいらっしゃい!」の桂文枝、「朝だ!生です旅サラダ」の神田正輝らが参加した。

 収録を終えた谷原は「関西の重鎮の文枝さん、役者の重鎮の神田さん、お笑いの重鎮の関根(勤)さん、スポーツ界の重鎮の古田(敦也)さんと、それぞれの世界で一線級の方々ばかりですので、正直、大変疲れました(笑い)」と笑顔で振り返った。

「アタック25」は今年で40周年を迎え、3代目司会者の谷原は初代の故児玉清さん、2代目の朝日放送アナウンサー・浦川泰幸に続いて4月に登場したばかり。谷原が“ミスター・アタック”と語る故児玉清さんの決めポーズ「アタック・チャンス」には慣れたかという質問には「今のところ(ポーズを)下げるタイミングは決まりました。他はまだ流動的です」と答えた。

 また、自己流のポーズについては「偉大な先人が2人もいるとなかなか…。三男坊というのは、もがくもんなんでしょう。先代の偉大さに押し潰されぬように頑張っていきます」と模索中だという。

 2000回という区切りの放送を終え、児玉さんに何と報告するかと聞かれると「児玉さんのおかげで、こうした機会を与えられた。まだまだ頼りない後輩かもしれませんが頑張ってやっていきたいので、どうか天国で見守っていてください」と口にした。

「番組対抗芸能人大会」の模様は19日に放送される。