プリパラでブレーク「i☆Ris」が語る新曲、ツアー、締めのラーメン!?

2015年07月07日 10時00分

「i☆Ris」の左から山北早紀、芹澤優、茜屋日海夏、若井友希、久保田未夢、澁谷梓希

 6人組声優アイドルユニット「i☆Ris」 が8日、9枚目のシングル「ドリームパレード」をリリースする。同曲はメンバー全員が声優として出演するテレビアニメ「プリパラ」(テレビ東京系6局ネット)の第2シーズンのオープニングテーマ。曲への思いから、先日の全国ツアーの感想、さらにお酒にまつわるエピソードも聞いた。

 

 

 ――新曲がいよいよ発売する


 若井友希:アニメも新シーズンに入り、私たちも新たな気持ちでシングルを出させていただきました。「ⅰ☆Ris」もプリパラの魅力も詰まった一枚です。


 茜屋日海夏:歌自体はアニメで流れていたんですけどテレビサイズだったので、フルサイズでCDになって皆さんの元に届けられるのがうれしい。


 山北早紀:結成3年目で9枚目のシングルということで“サンキュー”です。


 残りメンバー:…(笑い)。


 芹澤優:私たちも見てくれている方も一緒にパレードに行こうよという曲です。振り付けではラインダンスもあって6人が一致団結しないと歌えない歌。そういうところを感じてほしいですし、何より芹澤を見てほしい(笑顔)。


 残りメンバー:…(笑い)。


 久保田未夢:今までペアは多かったけど6人全員での大技は初めてなので、ライブで注目してほしいです。


 ――先日行われたツアーは盛況のうちに終わった。最終公演はZepp Tokyo。改めてライブの感想を


 澁谷梓希:Zeppはお客さんとして来ていた場所なので、会場入りの段階から裏ってこんな風になっているんだと感動してました。


 若井:ライブが終わった直後に一緒に3か月間ツアーを回ってくれたスタッフさんが「お疲れさま」ってアーチをつくってくれていて、裏に帰ってみんなで号泣しました(と目を潤める)。


 芹澤:完璧ではないけど自分たちでやりきったと思うし、ツアーをやってきたからこそ最後一番いいものが出せたって自信をもって言えます。