板野友美「晴れ女」襲名宣言 曇天ながら雨は降らず

2015年07月04日 16時26分

 歌手・板野友美(24)が4日、神奈川・川崎市のラゾーナ川崎プラザで、7枚目のシングル「Gimme Gimme Luv(ギミギミラブ)」の発売記念イベントを開いた。

 前日(3日)は24歳の誕生日だったが、板野は「(誕生日は)おとといです」と天然ボケで周囲を驚かせると「あっ、昨日か」と小声で訂正。サプライズでバースデーケーキが運ばれ、集まったファンから祝福を受けると笑顔を見せた。

 デビュー10周年となり「デビューした時は10年活動できると思っていなかった。11年目は再スタート。ソロとして、未熟だけど全力で頑張っていきたい」と誓いを新たにした。

 イベントを開催する日に雨が降ることが多く“雨女”とも言われるが、この日は曇天で降雨は何とか免れた。「“晴れた”ということは晴れ女だな」

 ところが、水を飲もうと給水ボトルに口をつけたが、うまく飲めない。「水が出ないというハプニングね」と給水ボトルを急きょチェンジ。思わぬ“水害”に頭をかくしかなかった。

 ステージ上で3曲を熱唱。「Gimme――」では、両手を両肩の前で妖艶に振って誘うような“ギミギミダンス”で挑発する。「(手を振って)暑いみたいにならないように、カモォ~ンとセクシーな感じでね」とファンにレクチャーしていた。