ABCマート送検で上重アナ「スッキリ!!」降板説が再燃

2015年07月06日 10時00分

「降板すべき」の声が再燃した上重アナ

 ブラック企業対策として今年4月に発足したばかりの東京労働局過重労働撲滅特別対策班は2日、従業員に違法な長時間残業をさせたとして、労働基準法違反容疑で靴の小売チェーン「エービーシー・マート」(ABCマート)運営会社と同社役員などを書類送検した。このニュースが駆け巡ると同時に再び注目を集めることになったのが、同社元会長から多額の利益供与を受けていた日本テレビ・上重聡アナウンサー(35)だ。司会を務める朝の情報番組「スッキリ!!」降板説が再燃している。

 

 

 東京労働局は、運営会社「エービーシー・マート」が昨年4~5月、都内の2店舗で従業員4人に対し、1か月約100時間の残業をさせたとして、同社と同社役員、店舗責任者2人を書類送検した。同社では過去にも違法な残業がみられ、東京労働局が指導や勧告を行ってきたが、改善がみられなかったという。


 ブラック企業への批判を受けて今年4月、通称「かとく」と呼ばれている過重労働撲滅特別対策班を東京と大阪の労働局に設置し、主に大手企業への調べを進めていた。その「かとく」が初めて書類送検したということで世間的な注目度も高く、日テレも含めて多くのメディアで一斉に報じられた。


 そんな中、違った意味で注目を集めていたのが、「スッキリ!!」の出方だった。なぜなら上重アナは今春、ABCマートの創業者・三木正浩氏(59)から超高級マンション購入資金として約1億7000万円を無利息で融資されていたことや、三木氏名義の超高級外車を無償で借りて乗り回していたことが「週刊文春」の取材で発覚。ありえない癒着ぶりに、大バッシングを浴びていた。


 こんな“下地”があるなか、果たして「スッキリ!!」は「ABCマート関連のニュースを報じるか?」と見守ったが、大方の予想どおり翌3日のオンエアでは、まったく触れなかった。