桂文枝「新婚さんいらっしゃい!」ギネス認定もさんまに対抗心

2015年07月03日 05時00分

左から山瀬まみ、桂文枝、ギネス認定員

 落語家・桂文枝(71)が司会を務めるABCテレビ制作のトークバラエティー番組「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系、毎週日曜午後0時55分~)が「同一司会者によるトーク番組の最長放送」でギネス記録に認められ、2日に大阪市内の同局で認定式が行われた。

 

「新婚さん――」は三枝時代の1971年1月に放送がスタート。当初は同年3月までといわれていた番組が、44年127日続く世界最長のトーク番組となった。

 

 認定式に出席した文枝は「まさか、そのまま45年も続くとは思いもよりませんでした。僕にとって何よりの勲章」と振り返った。体調不安を抱えていた時期もあったが「45年間休まずに続けられたというのは、健康な体に産んでくれた母や父、支えてくれた家族のおかげやと思います」と感謝した。

 

 また、文枝は1日に還暦を迎えた明石家さんま(60)に対して「さんまさんも番組、長いのもやっていますけど、彼にだけは抜かれたくない」と断言。自身がテレビタレントの才能を見いだした後輩に対抗意識を燃やした。そして「出ていただいた新婚さん、見ていただいたみなさん、ありがとうございました」と、これまで出演した4000組以上の新婚さんに改めて感謝の言葉を口にした。

 

 この日は7代目パートナーの山瀬まみ(45)もゲストで登場。「45年ってホントに長い。私の人生がずっぽり入る。有名アイドルグループのリーダーが『努力は必ず報われる』と言ってましたけど、まさに今日だなと思いました」と祝福した。