とにかく明るい安村“全裸ポーズ”不発もジュニアがフォロー

2015年07月02日 13時58分

ジョシュ(左手前)を笑わせようと“全裸に見えるポーズ”を披露するとにかく明るい安村(右から2人目)

“全裸芸人”青い目のケンシロウに完敗!

 

 世界最大の総合格闘技イベント「UFC」の日本大会「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015」(9月27日、さいたまスーパーアリーナ)の記者会見が行われ、メーンイベントで戦うジョシュ・バーネット(37)とロイ・ネルソン(39)が一足早く“代理にらめっこ”で対決した。

 

 これは、UFCマニアの吉本芸人3人ずつが両選手にギャグを披露し、より多く笑った選手が負けという企画。

 

 ブレーク中のとにかく明るい安村(33)は、“全裸に見えるポーズ”を「サムタイム、ネイキッドポーズ!」と訳し、ジョシュと対峙したが微笑すら奪えず…。結果、6人全員笑いを取ることはできなかった。

 

 MCの千原ジュニア(41)は「裏では気さくに話してたのに、勝負に入るとスイッチが入る」と仲間をフォロー。ジョシュは「ホントオモシロイ!」と日本語で芸人の健闘をたたえたが、ジュニアは「大人やわ~」と苦笑するしかなかった。