鈴木砂羽が年下格差夫と別居した本当のワケ

2015年07月04日 16時00分

 ぶっちゃけキャラがすっかり定着している“美熟女優”鈴木砂羽(42)が、劇団員の夫・吉川純広(32)との別居を一部で報じられるや、即座に意味深なツイートを発信した。

 先月下旬発売の「女性セブン」によると、2人は5月の宮古島旅行直後に別居。吉川は昨秋ごろ、結婚したばかりのNHK朝ドラ出身女優とW不倫していた――そんな芸能関係者コメントも記事に載った。

 すると、鈴木は同24日、自身のツイッターを更新。世界的歌姫マドンナ(56)語録の一つ「大切なのは、どう見えたかじゃなく、本当はどうか、なのよ」をリツイートした。

 セブンは、夫婦が衣裳部屋として借りていた都内ワンルームマンションの一室から吉川が1人で出てくる写真も掲載。鈴木のつぶやきはそれを指しているものと思われる。

 26日もツイッターでこの一件に触れ、「1日経ちましたので、これだけは。旦那さんのW不倫なんて本当に根も葉もない根拠もないでっち上げにこっちがびっくりです。こんな嘘っぱち書くのって一体なにゆえに?今回の件はいづれキチンとこちらからお伝えするので、どうか変な勘ぐりこじつけ妄想記事に惑わされないで欲しいです。今はそれだけ」と含みを持たせた。

 本当のところはどうなのか? 鈴木に代わって友人が明かす。

「砂羽は『不倫とか浮気とか、あの記事は全部ウソ』と本当に怒ってますよ。実は彼女、最近占いに凝っていて、旦那さんには実業家の相が出てるんですって。役者より経営者に向いてるらしく、それで大成するには、砂羽とちょっと離れてあの衣裳部屋に住んだほうがいいとアドバイスされたそうです。だから今は別居してるの」

 なんでも、鈴木が信奉している占い師は結構当たるらしい。

「旦那さん、役者だけじゃ食えないから渋谷のライブハウスで週何回かバイトしているんですけど、別居し始めた途端、ただのバイトから店長に昇格したんですよ」(前同)

 鈴木も「よかったね」と喜んでるのは言うまでもない。