KinKiまさかの「発毛剤CM」登場で再浮上狙う

2015年07月04日 10時00分

 ジャニーズの人気ユニット「KinKi Kids」が発毛促進剤の「カロヤン プログレ」シリーズのCMに登場することになった。ジャニーズタレントと発毛剤…。事務所的にはかなりの冒険に見えるところ。「あのKinKiも頭髪が危ない年齢になった?」と思われても仕方のない起用だが、このCMが「KinKi再浮揚のきっかけになるかもしれない」との声が業界内から出ている。なぜだ?

 5月末から同シリーズのイメージキャラクターとして起用され、店頭などにはKinKiの写真が商品の横に飾られていた。メンバーの堂本光一と堂本剛は、ともに36歳になったとはいえ、ジャニーズ事務所のタレントが発毛剤の商品キャラとは意外すぎ。ひょっとして、2人とも頭髪が危機にさらされている?と疑ってしまいそうだが…。

 ジャニーズをめぐっては、かねて薄毛といわれているSMAPの中居正広(42)と草なぎ剛(40)が、育毛シャンプーのCMに出演したときも「ついに認めたか!」とちょっとした騒ぎになった。それだけに、事務所としてもかなり思い切った決断だ。

 そもそもKinKiが起用されたきっかけは、光一といわれている。

「光一はヘアスタイルがいつも一緒。サラサラヘアも重なって“ヅラ疑惑”があるんです。本人もそれをうまく利用していて、テレビでもたびたびネタにしていますし、彼らのコンサートでは爆笑間違いなしの鉄板ネタなんです」とはテレビ局関係者。

 昨年もある番組でKAT―TUNの中丸雄一(31)が「髪形が変わらないが、そういう時にはどう対応するの?」との質問に、光一は「そんな時は『いや、もう…かぶるだけだからね』と答える」と平然と返したほど。発毛促進剤のイメージキャラクターを務めるのは、このネタを利用した見事なタッグといえる。

 とはいえ、ある芸能プロ関係者は「ひと昔前のKinKiだったら、事務所がこの話を受けているかどうか」と指摘する。剛がお笑いイベントを手がけているものの、KinKiといえば音楽的にも実力が評価されるユニットだ。

「それでも、いまではテレビのレギュラーはフジのバラエティー1本。そのうえ“KinKi推し”だったプロデューサーがすでに現場を離れたから、唯一のレギュラーだっていつ終わるか分かりません」(同)

 かつてのような勢いはなくなった2人が発毛促進剤の広告塔になったのは「背に腹は代えられない」との思いがあったのか?

 ただこの思い切った決断が、悪い流れを変える可能性もあるという。前出のテレビ局関係者は「もともと光一は兵庫、剛は奈良と関西出身。お笑いのセンスもある面白い2人なんです。なのに、これまではそのテイストを前面に出さなかった。このCMに出るってことは今後、ヅラキャラも含めて“お笑いもアリ”ということじゃないかと。今どきのテレビ界では、お笑い要素の強いバラエティータレントが重宝されますからね」。ヅラキャラを定着させ「面白いKinKi」として、再び脚光を浴びるときが来るかもしれない?