大御所プロデューサーより注目集めた「俳優Sに妻を寝取られた?男」

2015年07月01日 10時00分

松浦勝人氏(右)と握手を交わす藤田晋氏

 定額制音楽ストリーミングアプリ「AWA」の新CM発表会が6月29日、都内で行われた。イベントには小室哲哉(56)を始め、大沢伸一(48)、田中知之(48)、☆Taku Takahashi(41)といった“大御所格”の音楽プロデューサー4人が出席し熱視線を浴びたが、報道陣から最も注目されたのはサイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏(42)だった。

 AWAはサイバーエージェントとエイベックス・グループの共同出資で5月27日に始まったサービス。藤田氏はエイベックス・グループ代表取締役社長・松浦勝人氏(50)と登壇し、カメラの前で握手を交わした。

「やはり例の件があるので、とりあえず、今後何かしら大きな展開があった時のために、藤田さんの映像だけは押さえておこうという感じもありましたね」と話すのはあるワイドショー関係者だ。

 例の件とは、本紙も既報した“爆弾情報”投下事件だ。ホリエモンこと元ライブドア社長の堀江貴文氏(42)が、先月27日に放送された関西ローカル番組の収録(同19日)で、「俳優S」が知人男性の妻だった女優から、男性の留守中に家に招待されていたことを暴露。堀江氏はSを「今一番売れている子」と表現したため、インターネット上ではSが人気俳優・斎藤工(33)、女優が奥菜恵(35)、さらに堀江氏の知人男性は、奥菜の元夫である藤田氏だと噂されていたのだ。

 堀江氏はその後、先月26日に出演したテレビ番組で「(Sは)今もあまり売れていない」と言いながら、「女優はOさんで間違いない」と発言していた。

 そんなワケで注目が集まった藤田氏だが、もちろんこのイベントで“間男騒動”に言及することは一切なかった。今後、真相が誰かの口から語られる日は来るのか?