神田愛花 バナナマン・日村との「お泊まり」週2回を赤裸々トーク

2015年06月29日 13時52分

 お笑いコンビ「バナナマン」日村勇紀(43)と交際中のフリーアナウンサー神田愛花(35)が29日、都内で行われた「キャビスパ大使就任イベント」で司会を務めた。

 4月17日の一部報道で、ブサメンと美女アナの異色カップルが発覚した後、神田が記者団の前に現れたのは初。会見に対応すること自体も初めてで不慣れなためか、NGナシの赤裸々トークでぶっ放した。

 赤のワンピース姿の神田は、同棲を否定しつつ「仕事がない日にお泊まりに行かせていただいています」と週1、2日ペースで日村宅に通っていることを明言。

 生々しい告白に、このイベントでPR大使に就任した「チュートリアル」徳井義実(40)ですら「アカン、アカン!」と赤面した。

 日村の好きなところを聞かれ「体臭から足の裏の臭いも…」と妙なフェチを自ら暴露し、記者団を驚かせた。

「逆に、日村さんは(神田の)どこが好きと言っていたか?」には「最初のころは『女子アナっぽくないところと言われた」とし「(今は)『あまり聞かないで』って答えてくれません。しつこく聞きすぎました」と苦笑した。

 結婚には「未体験なので、何がきっかけで結婚したいと確信を持つか分からない」と首を横に振ったが、交際は順調なよう。日村からプレゼントされたい物には「あちらのお休みをいただけたら」とデートの時間をおねだりし、ラブラブぶりを見せつける。

 日村と大の仲良しで独身芸人のケンドーコバヤシ(42)には「そろそろ自立していただいて…」とチクリとやった。

 芸能イベントで司会が会見に対応するのは珍しい。神田の所属事務所は厳格な方針で知られるが、この日のイベントでは主催側から「交際に関する質問もOK」と通達される異例の事態だった。

 神田がラブラブな一方で、徳井はイケメン芸人だが、いまだ独身。「(自宅で飼っている)猫と小沢で十分。(今夏は)都内のシティーホテルのプールで過ごしたい。小沢と『一緒に行こう』と言っています」と、「スピードワゴン」小沢一敬(41)とさびしい夏を過ごすようだ。