指原がHKTドキュメンタリー映画で初監督「メンバーを素っ裸に」

2015年06月28日 19時46分

 HKT48全国ツアー「~全国統一終わっとらんけん~ツアーファイナル」最終公演が28日、横浜アリーナで開催され、ドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of HKT48」の制作がサプライズ発表された。メガホンを取るのはなんと、指原莉乃(22)だ。

 この日の昼公演でHKTの8月の博多座公演がアナウンスされたこともあり、指原は「本当にこの間、お話を聞いたばかりでどうなるかと思ったけど、このたび座長から監督になります」とあいさつした。

 配給は東宝で年内に公開予定。同社史上最年少女性監督となる指原は「他のグループにはない超赤裸々な映画にしたい。いろいろな意味でメンバーを素っ裸にしたいなと思っています」と意気込んだ。

 また、すべての曲目終了後には指原が前日と昼公演に続いて“選挙公約”のビキニ姿に変身した。

 当初は「実はこの下に水着は着てるけど、3回公演中、3回も脱ぐと脱ぎたがりと思われる…」と尻込みしたものの結局、水色ビキニを披露。自身のソロ曲「それでも好きだよ」を熱唱し、最後は「ありがとう!」と声を張り上げてステージを後にした。