ダレノガレ衝撃告白 幼少時に「幽霊の女の子とよく遊んだ」

2015年06月27日 16時51分

 意外な“超霊感”が発覚! モデルのダレノガレ明美(24)が、スタイルブック「I’ll give you my all」(宝島社)の発売記念イベント(27日、都内)で、自身の霊体験を激白した。

 現在、モデルとして人気のダレノガレは、陰で演技レッスンを積み、女優転身を視野に入れている。昨今はモデルやアイドルが低予算のホラー映画で主演を張り、本格的な演技デビューを飾るパターンが増えてきたが、講師から演技センスをベタボメされるほどの才能を持つダレノガレは「主演でなくチョイ役でいいから、ホラー映画だけはダメ」と敬遠する。

 その理由は霊感の強さだ。「一家で霊感が強くて、2年に1回はおはらいをしてもらっている。特にお母さんが強い。私も小さいころに幽霊の女の子とよく遊んでいて、誰としゃべっているのか周囲に不審がられた。ある日、その子に引っ張られて、危うく車にひかれそうになった。後で調べたらその道路は戦争で小さい子が多く亡くなった場所で、私をあの世へ連れて行きたかったんだと思う」

 要望があれば心霊現象を扱ったテレビ番組に出る気持ちもあるが「以前、子供の霊にとりつかれやすいと言われた。根が優しいからかな。スタジオならいいが、廃墟などの現場ロケには行けない。本当につかれてしまうので」と、心霊スポットには近づきたくないという。

 そんなダレノガレは、くりぃむしちゅーの有田哲平(44)と“結婚間近”と報じられた事務所の先輩ローラ(25)同様、“根も葉もない”熱愛の噂が絶えないことで知られる。

 以前、巨人の“モテ男”坂本勇人内野手(26)との交際がささやかれたが「会ったこともない人と噂が立つ。なんであんな記事が出るのか。そのくせ、私が誰かと付き合っている時には1回も撮られたことがない」と憤慨する。

 出演番組の演出に“注文”を付けたり、「スポーツ選手はバカ」と発言するなど“毒舌キャラ”でも知られるダレノガレ。心当たりがあるのか「私がいろいろ言うから、マスコミにうらまれてるのかな。今度から発言を控えよう。ホラーより怖い」とおびえ、キャラ変更をほのめかした。