竹内結子も仰天 大竹しのぶが「ビビリ」経験ナシ発言

2015年06月25日 20時23分

映画のイベントに登場した大竹しのぶ(左)、竹内結子

 女優の竹内結子(35)と大竹しのぶ(57)が25日、都内で開かれた映画「インサイド・ヘッド」(7月18日公開)のピート・ドクター監督(46)の来日会見に揃って出席した。
 
 同作は少女の頭のなかの「ヨロコビ」「カナシミ」など、5つのキャラクターが主人公のディズニー/ピクサー長編アニメ最新作。竹内と大竹は日本語吹き替え版で声優を務める。
 
 黄色のノースリーブドレス姿で登場した竹内は「ヨロコビ役ということで、前に進もうというポジティブな気持ちを大事にしようと思った。彼女のセリフから私自身がエネルギーをもらった」と笑顔を見せた。
 
 一方、カナシミ役の大竹は「私はいつも後ろ向き、後ろ向き。悲しんでいることに快感を覚えました」と告白。さらに「ビビリ」の感情について聞かれると「小さい時から『何があっても自分だけは大丈夫』という考えで生きてきた」と明かし、竹内らを驚かせた。