ぱるる まさかの“塩対応”卒業を宣言

2015年06月25日 15時22分

何やら楽しげな(左)から田野優花、小嶋真子、島崎遥香、福澤アナ、横山由依

「AKB48」の島崎遥香(21)、横山由依(22)ら7人が25日、都内で行われた「アイス『パピコ』新CM発表会」で、さわやかな浴衣姿を披露した。

 

 ぱるるがまさかの“塩対応”卒業を宣言。

 

 来月に迫った七夕を前に、短冊に書くお願いとして「パピコゲームが、はやりますように」を挙げた島崎。同ゲームは7月1日からオンエアされる新CMの中で披露されており、CMクライアントが喜びそうな宣伝を珍しく口にしたわけだ。

 

「久しぶりに優等生コメントしてみようかなと思ったけど、どうですか?」と笑い、さらに「私は変わります」と豪語。

 

 そっけない対応で知られる島崎が“キャラチェンジ”かと思われたが、「パピコゲームはどうだった?」と聞かれると「楽しかったです」とひと言でバッサリ。やっぱりつれない“塩対応”に会場は笑いに包まれた。

 

 CMで共演したフリーアナウンサー福澤朗(51)は「ソルティーな感じでいいと思います」と懸命にフォロー。グループの同期(9期生)である横山は「たぶん(“塩対応”の卒業は)しないんだろうなあ」と苦笑いするしかなかった。