向山志穂がモデル復帰へ 約18キロ減スリムボディー披露

2015年06月23日 16時44分

 俳優・市原隼人(28)の妻でモデルの向山志穂(29)が23日、都内で行われた、新ダイエットサプリ「天使の美活セット」発表会に出席した。

「集中! 集中!」でおなじみの市原には、交際10年になる中学時代の同級生の彼女がいたが、いつの間にか破局。市原のファンだった向山と知人のパーティーで出会い、2014年秋に交際3年で結婚した。

 向山は独身時代のベスト体重は46・5キロだったが、妊娠中のピーク時には67キロまで激増。昨年11月に出産後、半年かけて64・5キロを46・8キロに減らし、今夏にモデル復帰するという。

「炭水化物が大好きで、妊娠中は1日3食、ごはんを3杯ずつ食べていたら太った。今回はジムには一切行かず、サプリと熊田曜子さん(33)プロデュースの骨盤パンツをはいて痩せた。妊娠前よりくびれができたので、妊娠前に買ったこのショートパンツがゆるいほど」

 硬派で売る市原だが、意外にも家庭では家事を積極的にこなすなど優しいそうだ。向山は「基本的に家のことは全部やってくれる」とノロけると、「よく『そのおなかはどうしたの? 2人目がいるの』と言われていたが最近、本当に痩せたねと毎日言われる」と白い歯を見せた。

 この日、ゲスト出演した熊田は「こんなにキレイな奥さんが家で待っていてくれたら、2人目はすぐだと思う」と声をかけたが、向山は「彼は出産の時に本当に喜んでくれたけど、今は私が子育てに忙しすぎて次は考えられない」と苦笑い。

 デキちゃった婚で結婚式と新婚旅行がまだだけに「子供が歩けるようになってからドレスを着せて、私もウエディングドレスを着たい。いつかは新婚旅行にも行きたい」と目を輝かせた。