マギー 4DXを体験「バイブっぽいのがお尻の下に来る」

2015年06月17日 20時01分

映画の試写会に登場したタレントのマギー

 美人ハーフタレントのマギー(23)が17日、都内で映画「MAD MAX 怒りのデス・ロード」(20日公開)の試写会に出席した。

 

 シートが動き、水や風、香りなどの特殊効果を味わえる4DXシステムで作品を楽しんだマギーは「ジェットコースターでずっと落ちる感じが2時間続く」と感想を述べた。

 

 その威力は「すごすぎて立ち上がれないほど。バイブっぽいのがお尻の下や背中に来るので、キャーッと興奮する。途中でトイレに行きたくても行けなかった。我慢した。映画でこんなにしびれたのは初めて」と感動しっぱなしだ。

 

 続けて「普段、映画は弟や女友達と見るが、アクションはデートで、できれば彼と見に行きたい。この映画は付き合ってなくても、キャーッとくっつくのが許されるのでチャンス! ドキドキ感を彼と一緒に味わってほしい。興奮もなかなか冷めないので」と笑みを浮かべた。