国生さゆり メッセ黒田の「苦虫かみ潰したような顔」にホレた

2015年06月17日 17時03分

笑顔で黒田との交際を語る国生

 お笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(45)との“お泊まり愛”が発覚したタレント・国生さゆり(48)が17日、大阪・MBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」に生出演し、初めて交際について語った。

 

 12日に黒田が同番組に出演した際、パーソナリティーの近藤光史(67)らからイジられまくったが、国生も同様だ。「黒田が作戦をめぐらせて、うちのプロデューサーに『国生さゆりさんをゲストにどうです。僕が言ったら来てくれますよ』と言うてきた」と近藤が話すと、国生は「本当に偶然、たまたまです」と慌てて否定した。

 

 ヒット曲「バレンタイン・キッス」で知られる国生だが、黒田はチョコの代わりに“キック”をもらったことを同番組で明かしていた。本当にチョコを渡していないのか問われた国生は「キックしたんで大丈夫です」と“バレンタイン・キック”を認めた。

 

 また、ケンカのエピソードも披露。料理上手な黒田の手伝いをして干ししいたけを戻したというが、そのだしになる戻し汁を国生は捨ててしまったという。「怒って出て行ったきり、戻ってこなかった。『なんでやねん』って」と笑いながら語った。

 

 黒田のことを「たもつさん」と下の名前で呼んでいることも明かした国生。好きなところは「苦虫をかみ潰したような顔。東京にはいらっしゃらない感じ。毒っていうか」と話し、のろけまくった。

 

 放送終了後にはMBS前で報道陣に対応。交際は順調ですかの問いかけに「はい、順調です」と幸せそうな笑顔で答えた。