熊切あさ美 愛之助への「尊敬なくなった」「愛情なくなった」と明言

2015年06月16日 19時49分

熊切あさ美

 タレント・熊切あさ美(35)が16日、ニコニコ生放送「堀江貴文×熊切あさ美の恋愛対談」に生出演した。大号泣した上で、大騒動となっている歌舞伎役者・片岡愛之助(43)を“徹底糾弾”した。

 熊切と愛之助が交際していることは公の事実だったが、先月28日発売の「女性セブン」で、女優・藤原紀香(43)が愛之助を自宅マンションに泊めたと報じた。これに驚いたのが熊切だ。

 まだ愛之助と別れたという認識ではなく、翌29日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。涙ながらに愛之助との破局を否定した。一方の愛之助は今月5日、一部の取材に対し別れを明言。2人の間で、見解の相違が生まれていた。

 愛之助が破局を明言してから初めて公の場に現れた熊切は、ホリエモンの質問になれ初めやデートの模様などを語った後、愛之助と紀香の熱愛報道が出た時のことを振り返った。

「(愛之助と紀香が)同棲って出てたから、どういうことなんだろう?ってワケが分からなかった。週刊誌が出てから(愛之助から)急いで、慌ててすごい着信の量があったんですけど…出られなかったです」

 騒動の焦点になっているのは、愛之助がキチンと熊切に別れ話をしたのかということだ。熊切は「いくら私でも別れ話されたら分かると思うんですよ。なかったです」と改めて断言した。

 愛之助が破局を明言するまで、宮根誠司や芸能リポーターが「愛之助から聞いた話」などとして、愛之助の意向に沿った話をテレビでしていた。このことが原因で、熊切の愛之助に対する気持ちは完全に切れてしまったといい、「(愛之助が)いろんな方に話をして、その方にしゃべらせるとかが多かった。すごく尊敬していたけど、尊敬も何もなくなった」「自分を守ることしか考えていない」「愛情はなくなった」などと明言した。

 事実上、2人の仲が決裂するに至った原因として、愛之助と紀香の親密報道は「自分の中ではキッカケではない。一度や二度の過ちはあるし、そういう世界の人だから」とポツリ。その上で「私はバレなかったら、最後に連絡来た時の内容から、戻って来てたと思う」と話した。

 最後には番組の企画でメークを落とし、ノーメーク姿を披露した熊切。「スッキリしました」と笑顔を見せた。