離婚後に評価高まったスザンヌ 秋の改編でレギュラー急増へ

2015年06月21日 10時00分

評価が高まる一方のスザンヌ

 野球解説者・斉藤和巳氏(37)と3月に離婚したタレント・スザンヌ(28)のテレビ出演が激増している。人気の秘密は元夫に対する“神対応”だ。

 育児に非協力的だったにもかかわらず、離婚は斉藤氏の方から切り出された。そのうえ離婚原因として、斉藤氏と女子プロゴルファー・上田桃子(29)の”不倫疑惑”も持ち上がっていた。

 ところがスザンヌは斉藤氏に対し、批判めいた発言を一切しなかった。それどころか離婚会見では「落ち度は自分にあった」と涙ながらにコメント。上田との不倫も「なかったと信じたい」と、けなげに話した。一方的に捨てられたにもかかわらず、夫にグチ一つ言わないスザンヌの好感度は急上昇。今ではテレビで、その姿をよく見かけるようになった。

「離婚したのが3月だったので、4月の改編には間に合わない。だから今はゲスト出演ばかりなんです」(同)。そのゲスト出演でもスザンヌの評価は高まる一方だとか。

「とにかく、どんな要求をしても『それはできない』なんてことは言わずに何でもやってくれる」(テレビ局関係者)

 14日放送の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」(TBS系)で、熊本の実家での生活を初公開。さらに6日には関西ローカルの「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)で、歌舞伎俳優・片岡愛之助と破局報道のあったタレント・熊切あさ美に対し「別れてラッキーと考えて」とアドバイスまで送った。

 こんなスザンヌにテレビ各局からレギュラー番組のオファーが殺到、今では争奪戦に発展しているという。

「秋の改編に向けレギュラー出演者として各局が狙っている。子育てのために稼ぐ必要があるスザンヌも、できる限り受ける意向だから、10月以降のレギュラーは、すごい数になるのでは」(同)

 一方の斉藤氏は「急性蓄膿症で歯を1本抜いたことを先日、自身のブログで告白したのが、少しだけ話題になりました」(同)。元夫婦の明暗は完全に分かれたようだ。