元AKB篠田麻里子 29歳で制服姿に「ふてぶてしい」

2015年06月15日 20時43分

映画の完成披露試写会に登場した(左から)園子温監督、篠田麻里子、トリンドル玲奈、真野恵里菜

 元AKB48でタレントの篠田麻里子(29)、タレントのトリンドル玲奈(23)、女優で元ハロプロの真野恵里菜(24)が15日、都内でトリプルヒロインを務めた映画「リアル鬼ごっこ」(監督園子温、7月11日公開)の完成披露試写会イベントに出席した。

 

 山田悠介氏の小説を園子温監督(53)のオリジナル脚本で映画化。篠田ら3人は何かに追われ、追い詰められる女子高生を演じている。

 

「あなたたちはちょっとふてぶてしいので」という映画のキャッチフレーズにちなんで、「自分がふてぶていいなと思うこと」を聞かれた篠田は「年がいもなく制服を着た私がふてぶてしい。舞台あいさつで、まさか制服を着るとは思わなかったけど、楽しくてうれしいです」と笑わせた。

 

 映画に絡めて「追いかけられたこと」を聞かれると、篠田は以前、東京ディズニーランドに遊びに行った際、修学旅行中の学生と“リアル鬼ごっこ”をしたエピソードを公開。

 

「『写真を撮ってください』と言われて1枚撮ったら、修学旅行生だったらしくどんどん集まってきて追われたけれど、逃げ回りました。まさにリアル鬼ごっこで、ずっとぐるぐる回ってすごく楽しかったです」と笑顔で明かした。

 

 トリンドルは「猫を飼っているんですけど、仕事で早起きしていたので、猫も毎日(午前)4時起き。ご飯を食べたいと朝から毎日猫に追われてます」とかわいいエピソードを告白。

 

 真野は「ふてぶてしいこと」について、「私、顔がふてぶてしいと言われるんですよ。街中で真野を見つけると、ニラまれると言われることがあるけど、違うんです。普通、街中を笑顔で歩かないじゃないですか?」と釈明した。

 

 また、舞台あいさつ前にはパチンコCR「リアル鬼ごっこ」の発表イベントも行われ、タレントの佐藤かよ(26)、パンチ佐藤(50)が登場した。