パリス・ヒルトンが金持ちマッチョ中年とキス撮られた

2015年06月14日 16時00分

 パリス・ヒルトン(34)に久々の色恋沙汰だ。パリスは今週、スペイン沖に停泊した豪華クルーザーのデッキで、マッチョなイケメン中年男性と水着のままシャワーを浴びながら、抱き合って熱いキスを交わす姿が激写された。米芸能サイト「TMZ」が報じた。


 相手はオーストラリア出身で39歳のトーマス・グロス氏。「パフォーム・グループ」という会社を経営していたが2013年に手放し、1億ドル(約123億円)以上の売却益を得たとされる。世界各地の高級リゾート地に別荘を持つほか、クルーザーや自家用ジェットも所有する大富豪で純資産は2億ドル(約246億円)を超えるという。


 2人の出会いは先月、フランスで開催された「カンヌ国際映画祭」のイベントで、2人はそれ以来べったり。ひとときも離れずメキシコのカボ、スイスのチューリヒ、地中海のイビザ島と、グロス氏が所有する別荘巡りをしているらしい。


 そしてこの日、2人はジェットスキーを楽しんだ後、クルーザーに戻り、シャワーを浴びているところをパパラッチされたというわけだ。


 パリスは昨年、10歳年下でスペイン出身の超イケメンモデル、リバー・ビーペリと破局。その直後に「別れた後、いつもボーイフレンドには気の毒なことをしたと反省するの…。また元の生活に戻るってどんな気持ちなのかな」とインスタグラムに書き込んだ。


 そんなパリスは最近、英誌「ヒート」のインタビューで“フリーの身”と公言し「恋人のいない生活をエンジョイしている」と語っていた。言い寄ってくる男も多い中で「おカネをひけらかしたり、話題にする人は大嫌い! すごく興ざめするわ」と切り捨てた。


 その直後に知り合ったグロス氏は、やっぱり超リッチ…。


 結局のところ「イケメンならOK」ということか!?