山口もえネタに動揺?爆笑田中が無言事故

2015年06月14日 10時00分

太田のアドリブに動揺しネタを忘れた田中(左)

 お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=50、田中裕二=50)が12日、都内で行われた所属事務所主催のお笑いライブ「タイタンシネマライブ」に登場した。


 田中は先日、タレントの山口もえ(38)との“7月再婚説”が報じられた。これに対し田中は交際が順調であることをにおわせながらも、再婚については否定。お相手の山口もイベント出演の際「寝耳に水でびっくりした。年内婚もない」と否定していた。


 そんな状況で迎えたこの日のライブでは、田中がとんでもない失態をやらかした。2人は歌舞伎役者・片岡愛之助(43)とタレント・熊切あさ美(35)の破局報道をネタにした漫才を披露したがネタの途中、太田がアドリブで「寝耳に水だった」と山口が言ったコメントをぶつけると、田中は頭が真っ白になってしまったのか、ネタの続きを忘れてしまったのだ。


 なんともいえない表情を浮かべながら全く次の言葉が出ない田中に対して、太田がネタの続きを自らしゃべって何とか間をつなぐ。相方の“大失態”に太田は「ちょっとアドリブ入れたぐらいでこんなになるかね?」とあきれ返った。田中は「私もかなり動揺しております」と頭をかくしかなかった。


 普段から「ウソがつけない性格」と公言しているほど、隠し事をするのが苦手な田中。ネタを飛ばすほど動揺するとは、山口との「7月再婚説」は核心をついていたのか? 少なくとも交際が続いていることは間違いなさそうだ。


 ただネタを忘れてしまったことについては、別の理由も指摘されている。それは老化だ。今年1月に50歳になった田中は「急にネタが飛ぶことが多くなった」と言うほど記憶力が低下。実は前々回のライブでも、ネタを忘れていた。


 アドリブが好きな太田は、今後も漫才中に“山口ネタ”でイジってくる可能性が大。この先、ネタが飛ばなければいいのだが…。