ピース綾部 相方・又吉の活躍に奮起!“熟女小説”執筆

2015年06月12日 10時00分

「小説を書く」と宣言している綾部

 人気お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(37)が、ベストセラー作家となった相方の又吉直樹(35)に触発され「小説を書く」と宣言しているという。

「綾部は最近、又吉ばかりが注目されることが悔しくて仕方がないようです。以前は『よしもと男前ランキング』で毎年上位に名を連ねるイケメンで、熟女好きを公言し“熟女ブーム”を作った。私生活でも若貴兄弟の母・藤田紀子との熱愛が報じられるなど“ピース”といえば綾部だった」(関係者)

 ところが、この1年で事態は急転。熟女ブームが下火になると同時に世間の注目を浴びだしたのが、青春小説「火花」を発売した又吉。あれよあれよという間に大ヒットとなり、累計発行部数は35万部を突破した。先ごろ発表された三島由紀夫賞では最終候補の1人に残った。

「いまやバラエティー番組のプロデューサーは、ピース所属の吉本に、まず又吉のスケジュール確認から始める。続いてオマケで綾部のスケジュールを聞くという流れです。ピースは又吉ありきですよ」(放送作家)

 こんな状態に嫉妬といら立ちに身を焦がしていたのか綾部は、又吉に対抗して小説の執筆に着手したという。テーマはお得意の熟女が主役の官能小説だ。

「これまで交際した熟女との出会いから口説き落とすまでを私小説風に書くそうです。すでに大手出版社からオファーがあり、熟女の編集者が担当になったそうです。“打倒!又吉”に燃える綾部は、これまで芸能マスコミにキャッチされていない熟女女優との熱~い交際歴もつまびらかにするとか。もしかすると、又吉をしのぐベストセラーになるかも」(事情通)

 文芸、絵画などの名作の背景にはジェラシーがあるともいわれるだけに、綾部がヒット作を生み出せるか、見ものだ。