「AV OPEN」発表会見 ケンコバが妄想ストーリー公開

2015年06月08日 19時26分

左から佐倉絆、天使もえ、ケンドーコバヤシ、松岡ちな

 AV界の祭典「AV OPEN2015 あなたが決めるアダルトビデオ日本一決定戦」の発表イベントが8日、都内で行われた。今回は、昨年を上回る86メーカーがエントリーし史上最大規模での戦いとなる(作品は9月1日に発売)。

 大会委員長を務める人気芸人ケンドーコバヤシ(42)は「年間200本は見てる」と豪語するAV通だ。

「3週間ほど前、上海にロケに行って“インディーズ的な”店で夜遊びをしてから、37度台前半の熱が引かないんです」と近況を語った後、「大役をおおせつかって目がパリッとしました。個性的な、ユーザーを飽きさせない作品の戦いとなることを期待しております」とコメント。

 その後、AV女優の上原亜衣(22)が「正々堂々と汗も、精子も出し尽くすことを誓います」と宣誓し会場を盛り上げた。

 サポートガールを務めるAV女優・天使(あまつか)もえ(20)、松岡ちな(21)、佐倉絆(26)の3人も登壇。「それぞれを主演に、どんな作品を撮りたいか?」と聞かれたケンコバは「天使さんは“天の使い”ですから僕がトラックにはねられて全身血まみれで最後のセックスする」と願望を告白。天使は「悲しい思い出を払拭させるくらい腹上死させてみたいと思います」と笑顔で応じた。

 続けて「2人でお互いの母校を案内し合いつつ、体育準備室でカラむ甘酸っぱい感じ」とリクエストされた松岡は「学生時代は、恋愛経験も豊富じゃなかったのでうれしいです」。

 佐倉に対しては「絆といえば家族。ウチの母親同伴なんてどうでしょうね。本名が友治(ともはる)っていうんですけど『友治、頑張りなさい』って横で言われるような作品」とオファー。佐倉が「お断りします(笑い)」と即、却下し爆笑に包まれた。

 今大会の賞金総額は2350万円。「企画」「乙女」「素人」「マニア・フェチ」「SM・ハード」「熟女」「女優」のジャンル別で売り上げが競われ、各ジャンル1位には100万円が、全ジャンルを通じユーザーのウェブ投票で決まる総合グランプリには、300万円が贈られる。