猫ひろし「東南アジア大会マラソン」2時間42分39秒で6位

2015年06月07日 13時12分

 カンボジア国籍のお笑いタレント・猫ひろし(37=本名・滝崎邦明)が7日、シンガポールで開催中の東南アジア大会の男子マラソンに出場し、6位でフィニッシュした。タイムは優勝したシンガポール選手から7分43秒遅れの2時間42分39秒。2016年リオ五輪男子マラソン参加標準記録の2時間17分0秒には大きく及ばなかった。

 今年2月の東京マラソンで自己ベストの2時間27分52秒をマークした猫。先月、日本でイベントに出演した際には「現在、カンボジア国内にライバルは2人いるが、実質的に僕が1位。この大会で3位以内に入れば、リオ五輪出場に近づく」と自信をのぞかせていたが、今回は満足できるレースではなかったようだ。

 猫はレース終了後、自身のツイッターで「東南アジア大会走った結果2時間42分で6位。冷静に分析すると1位の選手が2時間34分だから5キロの設定タイムを17分40から18分20にしていれば展開も変わったかもしれない。暑いレースなのに最初からつっこんだのがいけなかった」と“敗因”を分析。続けて「まだまだ勉強。応援してくれた方本当にありがとうございます」と周囲に感謝した。