【AKB総選挙】さしこ1位奪還!「指原莉乃として評価されたかった」

2015年06月06日 22時17分

「AKB48 41stシングル選抜総選挙 ~順位予想不可能、大荒れの一夜~」が6日、福岡・ヤフオクドームで開催され、HKT48・指原莉乃(22)が地元九州で悲願のV奪還を成功させた。得票総数19万4049票の重みが人気を裏付ける。

 昨年は渡辺麻友に1位を譲ったが、それで終わる指原ではなかった。「大分県で学生をしていたころは、かわいいと思ってた」という指原は、上京してAKB加入後、周囲に負けそうになったという。

「ブスで貧乳です。いいところのない私は開き直って、2年前に1位になれました。でも、スキャンダルの大逆転とかAKBのストーリーに乗ったもので、いつか指原莉乃として評価されたかった」

 やっとこれで“本当の1位”になれたわけだ。最後は「これからもAKBグループを応援してくれるかな?」「いいとも!」という会場とのやりとりで総選挙を締めた。

関連タグ: