栗原類「発達障害」のコメント求められ「ありがとう」

2015年06月04日 17時14分

舞台「GO WEST」の公開稽古を行った栗原類

 個性派タレントの栗原類(20)が4日、東京・品川区の天王洲銀河劇場で、舞台「GO WEST」(同所で4~14日まで)の公開舞台稽古を行った。

 

 先月25日、NHKテレビ「あさイチ」の生放送で発達障害のひとつである注意欠陥障害を告白した栗原。障害の質問に対しては「質問ありがとうございます。だけど、今回は舞台の話なので個人的な質問は、控えさせていただきます」と丁寧にコメントし、シャットアウト。

 

 栗原はチャラい馬の役に挑戦する。「動物役は初めて。ドキュメンタリー番組を見て馬のしぐさを研究した。それとチャラい人をいろいろと見てモチーフにした。誰を見たか。それは個人情報なので」と苦笑い。

 

 続けて「自分は真面目なつもりだが、参考にした人たちの態度を見て『あれ、自分も昔こういう感じだったのかな』と思うところがあった。昔というのは小学生のころかな。チャラかった」と語ると、一同はズッコケた。

 

 共演の田口浩正(47)は「1行でも2行でも記事を多く載せて宣伝してほしい」と必死だったが、栗原は個性あふれるキャラクターだけに至ってクール。

 

 アピールよりも公私の区別を優先したようだ。