ヒロミのベスト・ファーザー賞に妻・松本伊代「何で?」

2015年06月03日 20時07分

 タレントのヒロミ(50)が3日、都内で行われた「第34回イエローリボン賞(ベスト・ファーザー)」授賞式に出席した。

 芸能部門で受賞し、いつになく緊張気味のヒロミは「僕はイクメンというタイプではない。ウチのママ(松本伊代=49)が『何でパパなの?』と言うくらい子育てを任せっきりで遊びの担当。遊びを通して子供に接してきた」と照れ笑いを浮かべた。

 子供とは先輩・後輩のような関係で「おやびん」と呼ばれているとか。「日々、子供に言うのは片付けろ、ママには優しくして変なこと言うなの2つ。勉強しろはあまり言わない。手は出さず、口で怒るくらいかな。子供がグレたり、反抗期はない。たまに反抗期みたいな雰囲気の時はあるが『あれあれ~?』と言うと『すみません』となる」

 元暴走族の根性とアウトドア派の行動力を存分に発揮。子供と自転車で千葉県1周、富士山まで行くなど、一緒にチャレンジをしてきたという。「僕は子供に付き合うが、ママは車でついてくるだけ」

 ユニークな子育てで父親としての存在感をみせるヒロミだが「こういう賞をもらって言うのもはばかられるが、父親としては点数が低い。50点くらいもらえたらいいかな」と控えめだった。