“お茶の間デビュー”日テレ・笹崎アナに異例の「夜遊び禁止令」

2015年06月04日 10時00分

「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」のMC所ジョージ

 ホステスバイトで内定取り消し、民事提訴の末、4月に入社した日本テレビの笹崎里菜アナウンサー(23)が3日、バラエティー番組「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」でテレビ初登場を果たした。歴代のキー局新人女子アナでも随一の注目度を誇るが、日テレはさっそく“夜遊び禁止令”を出し、週刊誌等のメディア対策を徹底指導しているという。

 笹崎アナは東洋英和女学院大時代に、東京・銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていたことが問題視され、日テレのアナ職の採用内定を剥奪された。地位確認を求めて昨年11月に同局を民事提訴。今年1月に和解が成立し、4月入社した。

 前代未聞の訴訟沙汰を経ての入社だけに、初登場の番組に関心が集まっていたが、タレントの所ジョージ(60)がメーンMC、関根麻里(30)がサブMCを務める「笑コラ」でのお茶の間デビュー。同期入社の尾崎里紗アナ(22)、平松修造アナ(22)とともに登場した。

「『笑コラ』は4月1日の入社式から新人アナ3人に密着しているけど、これは異例。申し訳ないけど尾崎と平松は、笹崎の“バーター”扱い」と日テレ関係者は苦笑する。

 笹崎アナは和解が成立した1月から研修を受け、4月の入社後から本格的な研修中だが、さっそく異例の“夜遊び禁止令”が下されたという。

「裁判騒動の余波で、例年の新人アナ以上に厳しく指導されています。『遅くまで飲み歩かないように』『男性と2人きりでは歩かないように』などと命じられているんです。仮に週刊誌記者から直撃取材されたとしても『広報を通してください』と返答するのはもちろん、その記者の名刺を受け取り、すみやかに局に報告するよう求められているそうです」(前出関係者)

 それもこれも、笹崎アナは超が付くほど恋愛体質なためだという。

 東洋英和女学院大のある女子大生いわく「里菜ちゃんはノリがよく、大学時代は派手でかわいい6~7人くらいの女子グループ『ハンター』の一員。自宅がある横浜市内から六本木まで約1時間かけて通い、夜な夜な飲んでいました(苦笑)。I君というイケメンと付き合っていて、ラブラブだったんです」。

 I君と現在も交際しているか不明だが、日テレとしては、お騒がせルーキーアナがいきなり芸能マスコミに熱愛スクープされてはたまらない。そのため“夜遊び禁止令”が発令されたわけだ。

 日テレのトップ・大久保好男社長(64)も目を光らせているという。

 制作会社スタッフによれば「大学時代に茶色だった髪を入社早々、黒に戻して“清廉性”は抜群」。日テレから「ホステスとして就労していた経歴はアナウンサーに求められる清廉性にふさわしくない」と内定取り消しをされた笹崎アナだけに、今のところ抜かりはない。

 今秋には正式にレギュラー番組が決まる見込みというが、今後も話題には事欠かなさそうだ。