AKB高橋みなみ 次世代エースたちとピクニックでまた涙

2015年06月02日 06時00分

手作り弁当を披露する(左)から向井地美音、高橋みなみ、大和田南那

 今年12月にAKB48を卒業する総監督の高橋みなみ(24)が、MCを務める関西テレビ音楽バラエティー番組「ミュージャック」(毎週金曜、深夜1時10分~、関西ローカル)の収録がこのほど、都内の公園で行われ、夢だった次世代エース候補とのピクニックをした。

 

 ピクニックは卒業前にやってみたい企画として、たかみな自ら提案。一緒に行きたい後輩として大和田南那(15)、向井地美音(17)を指名した。

 

 ピクニックを前に3人で弁当を手作り。料理好きのたかみなが初体験の2人を指導したが、大和田は「お弁当に空揚げを入れるの?」とオトボケ発言をして困惑させた。

 

 卒業で恋愛が解禁になるたかみなは「子供が生まれたら、休日にお弁当を持ってピクニックに行くのが夢」と思いをはせる。

 

 話題は6日に投開票が行われるAKB48グループ選抜総選挙に。

 

 大和田と向井地は次世代エース候補と期待されるメンバーだけに「今年はプレッシャーもあるんじゃない?」と、たかみなが心配。

 

 さらに、たかみなは「私が卒業した後、AKB48はどうなるかはわからない。今は恵まれているけど、もしどこかで落ちたときに、はい上がれるAKB48でいてほしい」と卒業後もグループの発展を期待し、「そんなAKB48を引っ張っていってほしい」と2人に未来を託した。

 

 最後は2人が、たかみなへの手紙を披露。2人の固い決意を聞いて、たかみなは「頑張って泣かないようにしようと思ったのに…」と思わず涙した。

 

 この模様は5日深夜に放送予定だ。