仮面女子・神谷えりな「目の手術は成功しました」

2015年05月31日 12時37分

 アイドルグループ「仮面女子」の神谷えりな(23)が目の手術に成功した。

 神谷は30日午後に更新した自身のブログで「手術は無事おわりまして成功しました!!!今日も手術後検査に行ってきて、大丈夫とのことでした(^-^)/先生を信じて手術してもらって、本当によかった」と喜びをつづった。ただ、痛みがあるため「まだ実感がわきません」としている。

 神谷は高校生のときから目の病気と闘ってきた。左目が内側による内斜視で、物が二重に見えたり、ひどい頭痛やめまいを併発。発症してから7年以上で合計20以上の病院を回ったが、どこも原因を特定できなかったため、効果的な治療法も分からず、手術もできず…日に日に神谷の斜視は悪化の一途をたどっていた。

 今年になって、ようやく原因が判明。「開散麻痺」と診断され、28日に手術を受けた。前日(27日)のライブでは手術の成功を願うファンから千羽鶴を贈られた神谷は応援や励ましの声をかけてくれたファンに「今は安静にして、しっかり治して早く両眼でみんなに会えるの楽しみにしてるからね」と感謝のメッセージ。

 術後2週間は安静のため、元気な姿を見せるのは6月中旬となる見込みだ。