私立名門「いじめ問題」ありえない結末

2012年09月23日 12時00分

 8月下旬に発覚した私立の名門・青山学院中等部での大物女優Xの娘らによるいじめ問題で、学校側が保護者に対し“いじめはなかった”旨の説明をしていたことが分かった。複数の女子生徒らが1人の女子同級生をいじめ、被害者側が学校に抗議の声を上げたというこの一件。世の親御さんたちも関心を寄せたが、うやむや解決に終わってしまった。その裏事情を探る。

 週刊誌報道で発覚、本紙も報じた青学を舞台とするいじめは、以下のようなものだった。

 5月下旬、Xの娘を含む女子生徒4人と男子生徒2人のグループが、同級生女子を女子トイレの個室に閉じ込め、ブラウスを脱がせたうえで、泣き叫ぶ姿を携帯電話の動画で撮影。画像をクラスの半数の同級生に見せた。実行犯の男子生徒は退学、他の5人は3日間の停学処分となったとされた。

 青学中等部といえば、教育熱心な父兄にとっては羨望の的。芸能人やスポーツ選手らの子弟が通うことでも知られるだけに、そのブランドイメージにそぐわないいじめ問題は、世を騒然とさせた。
 学校側はメディアなどに対し「個人に関わることですので、回答は控える」との姿勢だったが、学内では夏休み明けの今月初旬に開かれた保護者会で“いじめはなかった”と説明していた。

「学校側は『生徒や担任にアンケートを実施したが、いじめに関わる記入はなかった』、週刊誌に書かれたことは『アンケートなどを精査したが確認されていない』と。揚げ句に『退学になった生徒は存在しません』と言うんです。どうやら退学になった男子生徒側とは転校という形で話をつけたようで“事件”そのものをなかったことにしたいようです」とある保護者は語る。
 だが、この説明に対して保護者側から「真相を追及せよ」という声が上がる様子はない。

「親は誰もが、(自分の子が)何事もなく大学まで内部進学してほしいと思っていますから、学校に盾突く親御さんはいません。そんな事情も見透かされているようで…。でも同じようなことが起きないか心配ですよ」(前出の保護者)

 被害にあった女子生徒側も、事を荒立てる気持ちはないという。これが名門校の後始末ということらしいが、うやむや決着を生徒たちはどう思うだろうか。