ガチオタモデル・市川紗椰 理想の結婚相手は「ケンシロウ!」

2015年05月17日 17時31分

 美人ハーフモデル・市川紗椰(28)が17日、都内で写真集「夜が明けたら」(イーネット・フロンティア)発売記念イベントを行った。

 168センチ、B85・W55・H82のスレンダーなボディーを武器に、ファッション誌やテレビなど多方面で活躍する人気モデルの市川。「写真集は8~9年ぶり。前は20歳ぐらいだったので、体形が崩れる前に撮っておこうと思って…」と実に謙虚だ。

 お気に入りの1枚は、ガラスに頬をベタ~ッと押し当てている“変顔”ショットで、「一見、美しくないもの、雑誌とかでは選ばれないものを入れるのにこだわった」と持論を語った。

 美人モデルながら、鉄道やアニメ、相撲を愛するガチな“オタク女子”。先ごろ写真集と同タイトルのシングル「夜が明けたら」でCDデビューを果たし、自身が録りためた電車走行音をボーナストラックとして収録し、業界を騒然とさせたが、写真集には「鉄道の要素はない」という。

「理想の結婚相手は(漫画「北斗の拳」の)ケンシロウ!」と目を輝かせる“ガチオタ”な素顔とは異なる妖艶な一面を、写真集では惜しげもなく披露している。