「PASSPO☆」ツイッター騒動で事務所が経緯説明 メンバー玉井は枕営業否定

2015年05月14日 18時16分

疑惑を否定した「PASSPO☆」の玉井杏奈

 アイドルグループ「PASSPO☆」のメンバー槙田紗子(21)のツイッターアカウントに14日、メンバーへの不満や「芸能初めてから何人とエッチしたんだよって」など性的な言葉が書き込まれた件で、所属事務所プラチナム・プロダクションは第三者による不正ツイートであるとし、被害届提出や法的手続きを検討する意向であるとした。
 
 プラチナム・プロダクションは14日、午後に公式ホームページで「Twitter記事に関するご報告」とのタイトルで一連の騒動の経緯を説明。問題のツイートは槙田本人ではなく第三者による不正なツイートであるとし、警視庁渋谷警察署に相談。「不正アクセス禁止法違反、名誉棄損、業務妨害等の犯罪行為に該当する可能性があるとのことであり、弊社としましては、当該第三者を特定のうえ、被害届の提出や法的手続を検討したいと考えております」とした。
 
 槙田も自身のブログで問題のツイートに関し「あの書き込みは私が書いたものではなく、事実ではありませんので安心してください。6年以上芸能活動をしてきましたが、みなさんが想像しているような事実は1度もありませんでした」と一連の内容を否定した。またグループのキャプテン・根岸愛(22)は「ツイートは本人のモノではなく、何者かに勝手にツイートされたもので、内容に関しても全くもって事実無根です」とファンに説明した。

“乗っ取り被害”とされるツイッターでのコメントの中には「彼氏いるだけアイドルはましだよ!みんな付き合ってもないのにエッチしてばっかだから」との記述があり、ネット上では“枕営業”ではとの疑惑の目が向けられた。

 この件に関して、メンバーの玉井杏奈(20)は「プラチナムに枕営業がある事務所だったら、杏は光の速さでプラチナムをやめてました。1つしかない自分の身体を売ってまで、得れるものが幸せだとは杏は思わないので」と疑惑について否定した。